当Blogについて

卒乳ママのひみつのバストアップブログについて

きらりママ
きらりママ
当サイトをご覧いただきありがとうございます。
管理人のきらりママです。

『卒乳ママのひみつのバストアップブログ』は、
管理人のきらりママ自身が・・・
幸せだった授乳期間を終えて、卒乳後にみるみる間に萎んでいく胸(…正にまな板レーズン状態ww)に絶望しながらも、もう1度自信を持てる自分なりの美バストを手に入れるため実践・体験したことをご紹介しています。

きらりママの授乳歴

きらりママ
きらりママ
現在男の子5歳と女の子2歳を育てる絶賛育児中の子育てママです。

上のお兄ちゃんは産後〜1歳のお誕生日まで授乳。
それから2年のブランクを空けて
下の女の子を産後から2歳のお誕生日まで授乳していました。

きらりママ
きらりママ
2人を立派に育てたおっぱいはすばらしく立派にしぼみました(泣)

卒乳後のバストの状態

1人目の時は卒乳後も体重があったせいかあまり肉が削げたり、垂れたりといったことは気になりませんでした。
・・・が、やはり授乳中と比較すると一目瞭然。
膨らんだ風船がしぼんでいくかのごとくサイズは一気に小さくなりました。

2人目の卒乳後は、2年間授乳(しかも夜間添い乳期間も長め)していたせいか、卒乳後はみるみる間にしぼんで、胸の上の部分の肉は削げて残念すぎる状態に。

きらりママ
きらりママ
しかも乳首の向きもカタカナの「ハ」の字のような外向きで絶望的な状況でした(泣)

こちらが実際の写真です。

卒乳後のバストダウンって、授乳中はパンパンに張ってかなりバストアップする分余計にぺちゃんこになった感が強くなりますよね・・・。

ほんとうに、漫画で描くようなおばあちゃんのおっぱいのよう。

・・・おばあちゃん、ディスってごめんなさい(笑)

バストアップを決意した理由

毎日お風呂の時に自分の胸を見るたびにあまりに、ぺったんこの自分の胸が悲しくて恥ずかしくて・・・。


眠くて辛い夜も、体調が悪い日も子供たちの栄養になるために、一緒に頑張ってきた胸なのに・・・。

卒乳後はきっとみんなこうなってしまうから仕方ないんだ・・・と削げてハの字に垂れた胸を眺めますが、ため息ばかり。

もう誰も見ないし、服を着るときだけ、パッド入りのブラで適当にごまかせば良い。
そう思う反面、「このままじゃ嫌だ」と思う気持ちも捨てきれず、なんとかしたいと思い立ちました!
そもそも、このぺちゃぱいだと、パッドでごまかすにも無理がある・・・(笑)

決意してからは、卒乳後の削げたり垂れたりした胸のバストアップに効果的な方法はないかと自分なりに一生懸命調べました。

もちろん、金額も含めて。
高すぎても、安すぎても怪しいので。

金額的にも納得できる方法を探す日々です。

もともと妊娠間から貧乳だったので、ボリュームアップはそんなに期待は出来ませんが。
藁をもつかむ思いで・・・「せめて人並みのおっぱいになりたい!」
というささやかな目標を立てて、いろいろな方法を試してみることにしました。

バストアップのためにやっていること

きらりママ
きらりママ
わたしが今、バストアップのために実践していることは、シンプルに3つだけです。

バストアップDVDを参考にストレッチやマッサージ

バストアップを決意して初めて挑戦したのがバストアップDVDでした。

これまでも貧乳の自覚はありましたが、バストケアのことは全く知りませんでした。
というより、そもそもバストアップってものが豊胸以外に出来ることも信じていませんでした。

バストアップDVDを観ることで、バストアップの基本を学べました。
わたしが、購入したのは「バストアップラボ」「ヒラクケア」です。
こちらのDVDを実践して、バストは少しずつ復活し妊娠前よりもサイズアップすることができています。
当サイトでは、これらのDVDを使用してからのわたしのバストの実際の変化をご紹介しています。
ちなみにDVDで学んだマッサージやストレッチですが、やめると、またしぼんでしまうのが怖くて、今のところほぼ毎日継続しています。

卒乳後の削げ胸・しぼんだ胸に絶対試す価値あり!『バストアップラボ』 『卒乳ママのひみつのバストアップブログ』は、 管理人のきらりママ自身が・・・ 幸せだった授乳期間を終えて、卒乳後にみるみる間に萎...

食事をバランスよく食べること

私は、もともと痩せ型で太ることの方が難しいタイプでした。
周りの友人には、よくうらやましがられて「食べても太らないから」と誇らしげに話していましたが・・・

きらりママ
きらりママ
30歳を過ぎてからは、痩せすぎているのも貧相で老けてみられがちです。

でもそれを気にして、ただなんでもたくさん食べるだけでは産後の身体は付くところにはお肉は付くんですよね(特にお腹周り・おしり周り)

お腹はぽっちゃり肉があるのに、本当にボリュームがほしいはずの胸周りは肉が削げて骨が浮き出ている・・・

きらりママ
きらりママ
ほんとに、この画像みたいなかんじでした・・・(泣)

そんな状況を少しでも緩和するために、バストアップを意識し始めてからは食べるものの「質と量」はしっかりと意識しています。
自分の中では特に、たんぱく質は不足がないように摂るように意識しています。
特に、間食はお菓子などの甘い物よりも、たんぱく質が多い食品と決めています(豆乳・チーズ・ヨーグルトなど)

自分にあった下着を選ぶこと

昔は、痩せ型貧乳だったので分厚いパッド入りのブラジャーを付けて誤魔化していました。
でも、そういうブラジャーを外した後って、胸が変な風に潰れているんですよね。

しかも、外した後のビフォーアフター・・・

きらりママ
きらりママ
貧乳具合に自分が一番がっかりしている・・・。

大人の女性として、そんな風に自分や周りを誤魔化すのは嫌になり、無理な厚手パッドに頼らずに本当に自分のバストで勝負できるような自分に合った下着を着けることを意識しています。

特に貧乳だと、ブラジャーをつけても上部分がカパカパ浮いてしまったり、下のバストの境があまりないせいか上に上がってきやすかったり。
そんな貧乳の悩みを解決してくれながらも、しっかりと胸をきれいに見せてくれるブラ探しをいつも意識しています。

バストアップをはじめて変わったこと

きらりママ
きらりママ
私は、バストアップを始めて、かなり前向きになれたと思っています!

私がバストアップを決意して得られた変化は周りの人から見ると、とっても小さなことかもしれません。
今のところ、「貧乳」から→「美乳」とは言いがたいので「微乳」くらいの変化です(笑)

でも、それでもぺったんこで絶望していた頃の自分と比較すると私にとっては雲泥の差です。

バストアップを決意する前より一段と明るくなれたし、何よりこの小さな変化もこれから努力を継続することでもっときれいになれるんじゃないかという前向きな希望に変えられています。

バストって、女性特有の物で個人差がすごく大きいし、一人一人悩みは様々だと思います。

その中でも、特に卒乳後のママは、削げたり、垂れたり、離れたり、痩せたり、バストの大きな変化に絶望したくなるママも多いと思います。

一生懸命愛する子供のために授乳を頑張ってきたのに・・・
それを終えて卒乳したらこんな悲しい想いをするなんて切なすぎます。

でも、私自信が実践してみて感じたのは、卒乳後でもバストは必ず変えられるんだということです!


大切なのは、「変わる」ことはなくて「変える」ということ。

受け身のままで「飲むだけ」とか「付けるだけ」ではド貧乳の方のバストアップはなかなか難しいです。

でも、自分から「変える」、マッサージやストレッチ、食べるものなどバストそのものにアクションすることを「継続する」と必ず結果に繋がると思います!

いろんな商品の広告のようにいきなりボインボインの爆乳に変えることは難しいですが、
形を整えたり、自分なりのサイズアップは必ず可能だと思います。

きらりママ
きらりママ
私の経験を参考に、少しでもたくさんの卒乳後・断乳後のママが自分のバストに自信をもって笑顔で過ごしてほしいと思っています。

▼▼こちらの記事で「わたしがバストアップを決意するまでのお話」をご紹介▼▼

卒乳後の私がバストアップを決意するまでのお話こんにちは、きらりママです。 きらりママの授乳歴 上のお兄ちゃんは産後〜1歳のお誕生日まで授乳。 それから...